上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WILD PEACE(DVD付) WILD PEACE(DVD付)
東京スカパラダイスオーケストラ、甲本ヒロト 他 (2006/06/07)
カッティング・エッジ
この商品の詳細を見る

オンナの待ち合わせってのは必ず時間通りに揃わない。
今日のアタシは2番目の登場。
全員揃うのに軽く30分はかかったデス(`・ω・´)。



本日は今年2度目のスカパラLive。
(ちなみに3度目ももうすぐ行きます。)
最近のスカパラはホールでばっか見てたから
久しぶりのライブハウスでテンション上がりまくってヤバかった。
人の波に身を任せるフリ(?)しつつ前へ前へと流れ出ました。

その結果分かった事 ⇒ 【スカパラ + ライブハウス = 酸欠】
うん。
確実にネ、年のせいだってのは分かってる。
初めてライブハウスでスカパラ体験したのは二十歳そこそこだったもの。
あん時は限界的なものなんてな~んも感じなかった。
気楽なもんよ。
それが今じゃどーよ?
集中してるはずのライブの途中でさえ
『酸素うっすぅ~。』呟いてるもの。
だってサ、もうすぐ三十路。
三十路と云う、未知の世界へと続く扉が見えてきたもの。
ヒールでモッシュとか、そんな無理も利かなくなってきて当然だっつーことだよ。



や~、久しぶりの至近距離谷中サン、カッコイイったらありゃしねぇ。
欣タソの笑顔は今日もステキで"世界地図"に胸キュン。
わすれちゃいけない、加藤サンの八重歯もバッチリおさえる。

ホント、ありきたりな言葉で申し訳ないんですが
『アッ!』と言ったら終わってしまったカンジなのです。
始まったら終わったのです。
酸欠で泡吹いてもいーから、もっと見ていたかったよ(ノд`)。



終わったら"風呂上りか?"と自問自答を繰り返したくなるほどビショビショで
内心、「はしゃぎ過ぎたアタシって恥ずかすぃ~。」と思っていたら、
一緒に行ってた友達たちも同じ出で立ちで集合場所へ戻ってくるので
皆で顔を見合わせて爆笑して誤魔化しておきました。
アタシ以外はOver30なネェ様方だからネ、あのパワーは見習わねば(将来のアタシ)
明日カラダが動かないかも。
なんてこと考えてたら楽しいライブは経験出来ないのダ。

さて、来週末も1本ひかえとりますです。
再びヒールで頑張るデスッ(`・ω・´)>。

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER (初回限定盤) ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER (初回限定盤)
くるり (2006/07/26)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

『 き っ し ゃ ~ ん ッ ! 』
ココロの中で叫びました。
えぇ、叫びましたとも。
年も年なので声に出すのは控えましたガ。
ココロの中では絶叫していたのです。



8月に続いて2度目のくるりLive。
岸田クンの生唄に改めて歌詞を噛締め、何度胸キュンしたことか。
一緒に行った友達と思わず手を繋いで涙しました(キモ)。

聴きたい曲も9割聴けました。
今回は"ばらの花""ナイトライダー"を聴けなかったのが残念(涙)。

しかし、ラストにはステキなサプライズもあって、
目の前10cmのトコロでメンバーを拝めたんです、ラッキーです。
客の波に怯え気味の岸田クンが可愛かったのです。

言うコトなしであっという間の2時間でした。


つ か サ 、 い ま さ ら 一 体 何 の 用 ?

すごーく素直なココロの声がハッキリ相手にも聞き取れるボリュームで漏れた。
これが一年半ぶりの連絡に開口一番言うことか。
とか一瞬思ったけどコイツには言ってもいいデス、きっと。

タイミングが良いと言えばよいのか
悪いと言えばよいのか迷うほどの絶妙なタイミング。

一方的な要求込みの思い出話を適当に聞き流して
新しくなったと言うヤツの番号を即座に着信拒否しておくとする。

ほな、さいなら。

Sweet Spot Sweet Spot
ゆらゆら帝国 (2005/05/18)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

ちょっと"いいな。"って思ってた人に
『ホンマ男っぽいよな。てか、ホンマは男?
てか、男友達やと錯覚してしまうヮ。』と言い放たれた今日この頃。

その一言で何かがフッ切れ、夜中に二人
なか卯にて親子丼をがっつき更に友情を深めた次第です。

もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対なんて言わないよ。マジで。
帰り道に i Pod から流れるゆらゆら帝国にとっても癒されましたよ。



明日から大阪は雨が続くらしーです。
カレンダーを見れば今週末は3連休なのですネ。
なんか儲けた気がするのです。

喉が治ってヨカッタね。
これっぽっちも行けると思ってなかったEGO-WRAPPIN' in 磔磔
ある人のお陰で急遽行けるコトとなり、喜び勇んで行って参りました。
強行京都スケジュールの締めは贅沢にもEGO-WRAPPIN'!!(幸



初めて行った磔磔は冗談かと思うぐらいの狭さと、
戦時中の体育館か、はたまたドリフのコントセットなのか‥
木造平屋のチープな造り。
床は所々穴が開いて、ミシミシ言ってる。
そこに一歩足を踏み入れれば人・人・人!!
それでも後からギュウギュウ人はやってくる。
まだ始まってもないうちから熱気ムンムン、湿度100%。
汗やら酒やら香水やら色んなニオイで噎せ返る。

でもね、スゴイ楽しかったのであります!
この場所好きかも。
視覚的にも気持ち的にもメンバーとの近さが半端ない。
あまりの熱気と酸素の薄さに意識が朦朧となりつつ
テンションが上がってゆくのを抑えられなかったです。


今日からアタシもおけいはん。
ハウンドドッグの内輪揉めを見ていると
見ているこっちが恥ずかしい気持ちになるのは何故でしょうか?

こんちわ、どーも。

えぇ年こいたオッサン達がいつまで意地張ってんだろー‥ってか
そもそもファンはおるのか?
素朴な疑問は泉のように湧いてきますが
どーでもいいので5秒で忘れちゃうんです(えへ



アタシの憧れの地ランキング堂々の1位である京都
土・日で根性の2往復。
『だったら泊まれよ!』と突っ込まれまくりましたが
いいんです(川平)。
そこは敢えて帰るのです。
それが乙女心と云うものなのです(違)。
つーか、大阪で生まれて大阪で育った割に人生初京都だったりしました。
近くて遠い憧れの地。
カラダの疲れとは裏腹にテンションは上がる一方で
帰りの電車は放心状態でした。

それでもやっぱ振り返ると楽しかったとニヤニヤせずにはおれません。
秋のはじまりから活動的なジブンのことも褒めてやろー。



久しぶりにクロマティ高校を読んだら全巻そろえたくなりました。

ども。
ご無沙汰しております。
今朝、出勤しようと思ったら愛車(自転車)のサドルに
焼肉のタレをかけられていた江崎です。
午前中は意識が朦朧としているので、ソレを見て特に怒るでもなく
黙って雑巾を取りに行き、サドルを拭く姿は我ながら気持ち悪かったであります。

そんなことより。
『アタシ最初っからブログなんてやってませんよ?』ぐらいの勢いで
1ヶ月以上も無かったことにしてる自分にビックリです。
やってます。やってますよ。
見てる人が居るか居ないかは別として
自己満足レベルでダラダラと2年ぐらいやってますってば。

気が付けば9月だよ。
大嫌いな夏は去っていったよ。
夜遊びの季節だよ。
昼間も遊ぶよ。
仕事なんてどーでもいいんだ。
だって、アタシの大好きな秋だもの。

8月は色んな意味で死んでいたので
9月は元気にやってこーなんて思います。


| HOME |


Copyright © 2006 ワルダクミ*江崎グリコ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。